ブログ(写真・動画)

サイト管理人のブログです。

ブログ一覧

3月のリトミッククラスまとめ

京都は桜が満開になったようですね!

2月のレッスン再開時からバタバタと発表会の準備に追われ、そういえば今年の桜は、、と思っていたら、久々の外出時に近所の桜がきれいに咲いていて

え~!いつのまに~!!と、驚いてしまいました^^;

すっかり世間に取り残されたような気分です。

さて、そんな中ではありますがリトミックのレッスンも順調に進んでいます♪

昨年の秋からリトミックに通い始めてくださっている生徒さんたちは、早くも10回目のレッスンを迎え

毎週行っているおさんぽの即時反応も、すぐに反応して動くことができるようになってきました^^

新しい生徒さんも増え、それぞれのみなさんが個人レッスンで楽しくピアノやリズムを学んでいます。

レッスンに慣れてきた方は、一つ一つの内容を少しずつレベルアップしたり、ハンドサインを取り入れた活動も始めています。

 

☆3月のリトミック レッスン内容まとめ☆

3月は、まだまだ寒いですが少しずつ春の内容を取り入れたリトミックを行いました♪

・おおきなたいこ(バチをつかって大小のたいこをたたいたり、いろんな「おおきい」「ちいさい」で遊ぼう)

・スカーフをつかった活動「♪おはながわらった」(スカーフでいろいろなお花を咲かせたり、そのままちょうちょになって飛んだり、というストーリー性のある即時反応)

・ふうせんになってみよう(緊張と弛緩をからだで体感→やさしくグーで鍵盤をひき、ペダルを弾いた音をききました)

・手合わせ「♪ラララぞうきん」

・ロケット発射!(5~1の数字のカウント→ロケットになってとびまわる→月の上でふわふわと歩くストーリー)

・どうぶつえんにいこう(うさぎ、たぬき、象など伴奏にあわせて動物になりきって動きます)

IMG_0710 IMG_0711 IMG_0712

発表会まであと一か月!

いよいよ、発表会まで残り一か月を切りました!

いろいろな準備で、リトミックのレッスンの様子などブログの更新ができていませんが…(-_-;)

今回は過去最多となる76名の生徒さんがご出演くださいます^^

コロナ対策の関係で例年以上に決め事や事前の準備が多く、大変なことも多いのですが

去年の秋ごろからみなさんがしっかりと練習を重ねてくださっていますので、ホールでどのような演奏を響かせてくださるのかと

今からとてもわくわくしています!

人数の関係でプログラムも大きなA4サイズになり、見ごたえがあります^^

出演者のかた、演奏をききにいらしてくださるご家族やご友人など、皆様に楽しんでいただける会になりますように…♪

IMG_0682

2月16日のリトミック(1歳さん)

1歳さん(男の子)のリトミック、今回は2回目です^^

まだ2回目ですのでお教室に慣れておらず、最初は緊張で思わず泣いてしまいましたが

お母さんと一緒にいろいろな活動を行い、レッスンの途中からは素敵な笑顔を見せてくれました♪

【今回のレッスン内容】

☆おかあさんとおさんぽ(ゆっくり、小走り、ゆーらん、手合わせの簡単な即時反応)

☆スティックでいろいろなところをトントン(床やつくえ、ソファ、洗濯板など様々な違う音を感じます)

☆『おおきなたいこ』の曲でトントン

☆同じメロディーでいろいろな「おおきい・ちいさい」のあそび(あめ、ぞうさん、どんぐりなど)

☆いろぬり&ぺったんこ(お花畑をぬって、お花のシールをぺったんこ)

☆お歌『おひなさま』

☆ピアノ(お母さんと三人で簡単な連弾)

☆さよならあんころもち

IMG_0579 IMG_0580

レッスンが再開しました^^

産休に伴い、年末よりレッスンをお休みしておりましたが

本日よりレッスンが再開しました。

いよいよ4月の発表会に向けてラストスパートが始まります^^

一か月近いお休みの期間中は、レッスン生の皆さんには演奏曲を動画でお送りいただき添削、という方法で練習の経過を確認させていただいていました。

ひとりではなかなか練習を続けるということは難しいのですが(大人でも難しいですよね!)、保護者の方のご協力もあり

みなさんしっかりと練習をつづけてくださり、中には驚くほど上達されている方もいらっしゃいました!

のこり約8週間。あっという間に過ぎてしまいそうですが

またこれから気持ち新たにみなさんと一緒に頑張っていきたいと思います(自分の練習も含め…汗)^^

 

大きな音を伸びやかに響かせるには?

本年も、どうぞよろしくお願いいたします。

昨年末からまた新型コロナウイルスの影響が増し、なかなか明るい雰囲気にはなりにくい状況が続いていますが

そうした中でも、できる工夫をしながら過ごしていきたいですね。

今年はいよいよ、4月にコンサートホールでの発表会が予定されています。

昨年の弾きあい会と同じく、感染防止対策をきちんと行いながらも、日々の練習成果をしっかり発揮できる機会となるよう開催させていただきます^^

 

さて、今回のテーマは大きな音の表現についてです。

大きく、力強く演奏するのは簡単なように思えますが、ただパワーを強めるだけでは息苦しい音になってしまいます。

また、強く鍵盤を弾こうとするとどうしても前のめりな体勢で背中が丸まり、腕の力だけに頼ってしまいがちなケースが多くみられます。

★大きな音を美しくのびやかに響かせるには、背中を丸めるのではなく、背筋はしっかりと伸ばしつつ

ひじをのばすように意識して肩からドン、と腕をおろすことがポイントです。

イメージとしては、低音の場合は左斜め前、高音の場合は右斜め前にそれぞれ音が放物線上に響いていくことを意識しましょう。

自分の中で音を視覚的に想像するだけでも、表現が変わってきます!

ぜひ、おためしくださいね^^