鍵盤と指のイメージ

今日は、ピアノを始めたばかりの方や幼児さんのレッスンでよく使用している、『ぴあののアトリエ』(共同出版社)テキストからのお話です。

楽譜上では、親指から小指までの指遣いを示す際、1~5の指番号が振られていますが

幼児さんの場合は、数字だけではイメージがつきづらいため

色やイラストを一緒に使用して覚えることが多いです。

ド=赤、レ=黄色、ミ=緑 などの、認識しやすい色を使ったり

こちらの教材のように、ド=お父さん、レ=おかあさん、ミ=おねえさん というイラストを使うと

楽しくそれぞれの指や音の違いを学ぶことが出来ます。

どの指が誰?というイメージは「おはなしゆびさん」という童謡でご存じの方も多いかもしれませんね。

レッスンでは、時々指人形を使って覚えてもらうこともあります。

余談ですが、こちらのテキストは全編英訳がついており、解説部分も含め全て英語の表記があります。

しかし、レッスンで英語を使用することは…ほとんどありません^^

IMG_2921

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>