呼吸とピアノ♪

今回は、呼吸とピアノ奏法についてのお話です。

ピアノは、トランペットやクラリネットのように息を吹き込む必要がありません。

しかし、演奏においては意外にも呼吸が大切です。

特に強弱をつける際に、呼吸と連動させるとスムーズに変化を出せるようになります。

たとえば、だんだん大きくなる部分では息を吸い、反対にだんだん小さくなる部分では息を吐きます。

息を吸うときは腹式呼吸をしながらお腹をふくらませ、吐くときにへこませていくと

自然と胸を開いたり閉じたりすることができ、演奏面でもきれいな強弱が表現できます。

fukushikikokyu_isu_woman

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>